2015.1.2 最終日

天気は霧、雨じゃないから良しとしよう
2度目なので心にゆとりがあります
昨日までと違って^^

ホテルからすぐのヴェルサイユ宮殿へ
1dayパスを持っていても、正面は行列するので誰もいない横の入り口から入ります
*ハイシーズンは正面からしか入れません


DSC01339.jpg
ヴェルサイユ宮殿
12時の開館時間に合わせて先にヴェルサイユ宮殿へ
お天気が悪いので建物の色まで違って見える・・
広大な庭園も春はお花でいっぱいだったのに、この時期はさみしい感じ


DSC01105.jpg
宮殿裏


DSC01121.jpg
プチトラム 7€
庭園内はトラムで移動 


DSC01125.jpg
トラムは大トリアノンの前が終点
プチ・トリアノンの近くにある王の離宮
バラ色の大理石が使われています


DSC01217.jpg
プチ・トリアノン
マリー・アントワネットの離宮

ヴェルサイユに立ち寄ったもうひとつの目的地は
ここ、プチ・トリアノン
以前来た時は館内が見れなくて泣く泣く諦めたのでした
「べルサイユのばら」に夢中になった世代
プチ・トリアノンの中に入れないとわかった時のショックたるや・・^^;;


DSC01149_20150208151756d55.jpg
1階 玄関口の大階段


DSC01156.jpg
廊下もキッチンも小さくて暗い
華やかな部屋とは対象的


DSC01182_201502081517591e7.jpg
2階 遊戯と音楽の間
小さめのピアノとハープに思わず「可愛い〜!」
ローズ色の調度品がいかにも王妃の雰囲気
マリーのお気に入りの貴族だけが入れた集いの間


DSC01185.jpg
紫色の角礫岩でできた暖炉


DSC01190.jpg
寝室は落ち着いたアイボリー


DSC01223.jpg
愛の殿堂


DSC01279.jpg
ジュシューのオランジュリー
かつてヨーロッパ最大の温室だった
現在は建物だけが残っています


1-20150104-0827062.jpg
マリー・アントワネットの村里
王妃の家、水車小屋、酪農小屋などの家々、畑に果樹園
農場には牛とや山羊、羊、白いクジャクがいました


DSC01169.jpg
フランス式あづま屋


DSC01205.jpg
アンジェリーナでティータイム
プチ・トリアノンに隣接するカフェ


ようやく雲の合間から陽がさして来た頃、
宮殿をあとにしてヴェルサイユの街を散策


DSC01307.jpg
教会


DSC01309.jpg
フランスの年始は2日から普通営業
古い建築物そのままの美しい町並みです


DSC01370.jpg
パリ・シャルル・ド・ゴール空港
空港も様変わりしていました
17年前はJALの専用カウンターがなかったのですから・・

システムも様変わりし、今はフライト情報がすべてパスポートにインプットされており、帰りのチケットの控えを失くしても、パスポーとさえあれば予約した飛行機に乗れるそうです
*5年ほど前からだそうです

関空、羽田行きはパリ発が朝だったため帰りは成田行きに搭乗

おわり



ヴェルサイユ 15:30

パリ・シャルルドゴール空港発 21: 2日

成田着 15:40 3日

東京

名古屋発 21:19

自宅 22:10


コメント

  1. m* | -

    ☆デデさん

    ヴェネチアは私も行ってみたいです
    アドリア海、見てみたい!

    海外はお友達と?ご家族と?
    デデさんの旅行記があったら拝見したいです^.^

    ( 19:52 )

  2. デデ | -

    夏のVeneziaに行きたいなって、
    考えてたけど、Parisも行ってみたい…。Versaillesは、ベルばらのイメージとUPされた写真で行った気分になっちゃいました^ ^

    ( 19:03 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



Recent Entries